歯が無くなった時の治療

歯が無くなった時の3つの治療方法

歯が無くなったときの治療法には、主に次の3つがあげられます。

(1)ブリッジ
(2)インプラント
(3)入れ歯

治療法それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご説明いたします。

(1)ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット・デメリット

「ブリッジ」を用いた治療法は、
歯を失った際に、周りの健康な歯を削って、
それを土台にして橋渡して補う方法です。

ブリッジのメリット・デメリットとして、
以下のような点が上げられます。

 

ブリッジのメリット

  • 自然の歯と同じような外観を回復することができる。
  • 自分の歯と同じように咀嚼することができる。
  • 噛み合わせを回復することができる。
  • 歯列の安定したつながりを回復することができる。

ブリッジのデメリット

  • 対象となる位置の両側にしっかりとした歯が無いと適合できない。
  • 失った歯の数が多いと処置不可である。
  • 土台となる歯を削除する必要がある。
  • 土台となる歯に噛む力が余計にかかる上、清掃性が悪くなるため、その歯を喪失する危険度が増加する。
  • 景観の回復上セラミックが優れるが保険の適応を受けることができない。
  • インプラントより長持ちしない。(平均7~8年)
  • ブリッジを支える歯に治療中もし問題が発見されると、やりなおしが必要である。

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯が抜けた部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着することで歯の機能を回復させる歯科治療です。

「インプラント(implant)」とは、
「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。
医療の世界では整形外科の人工関節などのことを、歯科の世界では歯を失ったところに人工歯根を骨に埋め込む治療のことをいいます。

過去には、貝殻や動物の骨などを使用して歯の代わりを作っていました。
また、最近まではサファイアなどの材料で研究が行われていましたが、1965年にブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する検証を発見したことで現在の治療の基礎が確立されました。

現在では、ほぼ100%に近い純チタンでできた人工歯根を歯のなくなった部分の骨に埋め込みます。
その上に歯を作りますので、もう一度ご自分の歯が蘇るようなものです。
また、失った部分のみを治療する方法ですので他の歯に負担をかけることもありません。

人間は、虫歯や歯周病・事故などで永久歯を失うと、二度と永久歯は生えかわってきません。歯を失うことで、食べ物が良く噛めない、正しく発音できないなどの体の問題ばかりでなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなど心の問題と深く関っています。

インプラント治療なら、そんなお悩みを解決でき、天然歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。
見た目的にも機能的にも失った歯を取り戻すことのできる画期的な治療です。

(2)インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリットとして、以下のような点が上げられます。

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを長期間保つことが可能です。
  • 失った歯の数が多いくてもかみ合せの力(咀嚼能力)回復が可能です。
  • 自分の歯に近い外観が可能です。
  • 自然の歯に近い機能が期待できます。
  • 歯を失った箇所は顎の骨の成分が自然に減るが咀嚼の刺激が衰退を防止できます。
  • 適切なケアにおり長持ちします。
  • 抜け落ちてもやり直しが容易です。

インプラントのデメリット

  • 治療時間が比較的長期間かかります。(最近は種類と適応症により最短6週間)
  • 手術になるので少数だが適応とならないケースもあります。
  • 比較的費用がかかります。
  • ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが必要です。
    (通常、最低半年に1回メンテナンスのためチェックを専門家が行います。)

(3)入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯(義歯)のメリット・デメリットとして、以下のような点が上げられます。

入れ歯(義歯)のメリット

  • 短期間(数年)使用でみた場合咀嚼機能をある程度回復可能です。(天然歯の1/3)
  • 短期間で咀嚼機能回復が可能です。
  • 健康な歯で支えるなどの必要がありません。

入れ歯(義歯)のデメリット

  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい。
  • 変化する口内環境に合わせるため数年毎作り変えか、調整が必要です。
  • 適切な噛みあわせであっても長期間同じ噛みあわせは維持できません。
  • 装着時の違和感を感じやすいです。
  • 自然な歯の外観を維持しにくいです。

どの治療法がいいかご相談ください。

お一人ひとり、 ご納得のいくまでご希望、 ご意見、感じ方をお聞きし、
適切な治療方法をご説明します。

ですから患者様は、
複数の案の中から最適な方法を選んでいただくだけで、
ご自分の歯を治し、健康にすることができます。

初めて当院で受診される方へ
患者様の声

ふなはし歯科の診療科目

  • 検査(むし歯・歯周病・噛み合わせ検査)
  • 基礎治療(むし歯・歯周病・噛み合わせ治療)
  • 歯が無くなった時の治療
  • その他の特殊治療
  • いびき治療
  • 訪問歯科
24時間予約システム
院長にメール相談
子供の矯正治療サイト

ふなはし歯科について

写真:愛知県 海部郡 歯科医院 歯医者 噛み合わせ 訪問歯科 ふなはし歯科
〒490-1144
愛知県海部郡大治町西条字南井口16
TEL:0120-82-4182

患者様がお住まいの主なエリア

愛知県海部郡、愛知県清洲市、愛知県稲沢市、愛知県北名古屋市、愛知県名古屋市中村区、愛知県あま市

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

携帯サイトはこちら


上のQRコードまたはこちら からご覧ください。